最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

現代のファーブルが語る自伝エッセイ 蝶の唆え

  • 81 読みたい
  • 23 現在読んでいるもの

発行元 池田清彦 .

    Download 現代のファーブルが語る自伝エッセイ 蝶の唆え 本 Epub や Pdf 無料, 現代のファーブルが語る自伝エッセイ 蝶の唆え, オンラインで書籍をダウンロードする 現代のファーブルが語る自伝エッセイ 蝶の唆え 無料で, 本の無料読書 現代のファーブルが語る自伝エッセイ 蝶の唆えオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 現代のファーブルが語る自伝エッセイ 蝶の唆え 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  奥本大三郎
    • シリーズ名:  現代のファーブルが語る自伝エッセイ 蝶の唆え
    • 発売日:  2020年04月17日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4320000075143
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    大人のための児童文学。


    終戦直後の大阪郊外。製粉工場を買い取り事業を始める父、そこで雇われたインテリの経理、シベリア帰りで共産思想の叔父さん、子連れで食べ物を乞う深夜の訪問者、進駐軍の横流し物資を持ってくる伊達者などなど、敗戦直後の個性的な大人に囲まれ、少年はトンボや鯉をつかまえ、全身で自然を満喫して育ちます。

    しかし好事魔多し、当時は死病とされる結核菌に襲われます。ストレプトマイシンが効を奏し、一命はとりとめたものの、学校は長期休暇、毎日寝て過ごさなくてはなりません。

    病床の楽しみはラジオや新聞の絵物語。とくに山川惣治や樺島勝一の絵に魅了されます。そんなある日、従兄弟のお兄さんが持って来たのが昆虫標本でした。少年は「木組みがほぞ穴にはまる」ような快い衝撃を受けます。病床であるが故につのる昆虫採集への憧れ。戦前の図鑑を見ながら、遠く台湾への想いを深くする日々。

    ひと昔前の日本人と社会風俗、そして少年の心象風景とあいまって、のちに虫好きフランス文学者の少年期が鮮やかに描かれます。ギンヤンマ、絵物語、カウボーイ、進駐軍、ラジオ……、懐かしいものがいっぱい詰まった「大人のための児童文学」です。

あなたも好きかもしれません

現代のファーブルが語る自伝エッセイ 蝶の唆え by 池田清彦 ダウンロード PDF EPUB F2