最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

新訳 地下室の記録 (集英社文芸単行本)

  • 71 読みたい
  • 10 現在読んでいるもの

発行元 フョードル・ドストエフスキー .

    Download 新訳 地下室の記録 (集英社文芸単行本) 本 Epub や Pdf 無料, 新訳 地下室の記録 (集英社文芸単行本), オンラインで書籍をダウンロードする 新訳 地下室の記録 (集英社文芸単行本) 無料で, 本の無料読書 新訳 地下室の記録 (集英社文芸単行本)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 新訳 地下室の記録 (集英社文芸単行本) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  フョードル・ドストエフスキー
    • 訳者:  亀山郁夫
    • レーベル:  集英社文芸単行本
    • シリーズ名:  新訳 地下室の記録
    • 発売日:  2015年02月06日
    • 出版社:  集英社
    • 商品番号:  4822995500001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    地下室に住む中年男の告白を通じて、人間存在の矛盾と不条理に根ざした生の哲学を描く。ドストエフスキー全作品を解く鍵と評される“永遠の青春の書”をロシア文学者・亀山郁夫氏による名訳で。「この小説がドストエフスキー文学の原点です」ーー亀山郁夫。「地下室」とは、言い換えるなら、青春時代を生きるだれもが一度はくぐりぬけなくてはならない“戦場”である……ドストエフスキーはこの人物を通して、ある一つの真実を語りかけようとした。すなわち、この“戦場”を戦いぬくことなく、遠い将来、一個の自立した人間として大きな成熟を手にすることはできないということを。この『記録』にこめられているのは、おそらく若いドストエフスキーが身をもって経験した躓きの記憶だが、その痛々しい記憶の彼方に輝いているものこそ、人間の真実、あるいは人間の生命という聖なるオーラなのである。(「まえがきにかえて」より)

あなたも好きかもしれません

新訳 地下室の記録 (集英社文芸単行本) by フョードル・ドストエフスキー ダウンロード PDF EPUB F2