最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

経済学の哲学 19世紀経済思想とラスキン (中公新書)

  • 10 読みたい
  • 48 現在読んでいるもの

発行元 野矢茂樹 .

    Download 経済学の哲学 19世紀経済思想とラスキン (中公新書) 本 Epub や Pdf 無料, 経済学の哲学 19世紀経済思想とラスキン (中公新書), オンラインで書籍をダウンロードする 経済学の哲学 19世紀経済思想とラスキン (中公新書) 無料で, 本の無料読書 経済学の哲学 19世紀経済思想とラスキン (中公新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 経済学の哲学 19世紀経済思想とラスキン (中公新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  伊藤邦武
    • レーベル:  中公新書
    • シリーズ名:  経済学の哲学 19世紀経済思想とラスキン
    • 発売日:  2014年01月10日
    • 出版社:  中央公論新社
    • 商品番号:  4912393820001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    経済と環境保護。分裂し、対立するかのような両者が折り合う思想は可能なのか。このきわめて現代的な問題は、すでに19世紀に提起されていた。産業革命が隆盛を誇るロンドンで、哲学者ラスキンが環境と弱者を犠牲にする経済学に怒りを感じ、新しい経済学の枠組みを構想したのだ。本書は、同時代の経済学者との格闘に光を当てながら、この先駆的な思想を辿る。ありうべき価値体系とは何か。よりよい社会への道を探る。

あなたも好きかもしれません

経済学の哲学 19世紀経済思想とラスキン (中公新書) by 野矢茂樹 ダウンロード PDF EPUB F2