最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)

  • 30 読みたい
  • 87 現在読んでいるもの

発行元 麻見和史 .

    Download 聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫) 無料で, 本の無料読書 聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  麻見和史
    • レーベル:  講談社文庫
    • シリーズ名:  警視庁殺人分析班
    • 発売日:  2016年04月08日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000028474
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    暮れも押し迫った夜、上野の空きアパートの一室で、顔と両腕を損壊された遺体が見つかった。手がかりは、遺体の腹に記された謎の数字と、狩りの守護聖人のカードだけ。連続殺人を予測した如月塔子ら警察の捜査むなしく、第二の事件が発生。またも記された数字は、犯人からの挑発なのか。超人気シリーズ第5弾! 講談社文庫「警視庁殺人分析班」シリーズは、講談社ノベルス「警視庁捜査一課十一係」シリーズと同一シリーズです。

あなたも好きかもしれません

聖者の凶数 警視庁殺人分析班 (講談社文庫) by 麻見和史 ダウンロード PDF EPUB F2

何作かこのシリーズを読んでいますが、どれも面白くてあっという間に読み終わってしまいます。
また安く買える時にほかの作品も読みたいです。