最後に編集されたのは 管理者
23.12.2020 | 歴史

氷菓 「古典部」シリーズ (角川文庫)

  • 21 読みたい
  • 29 現在読んでいるもの

発行元 米澤 穂信 .

    Download 氷菓 「古典部」シリーズ (角川文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 氷菓 「古典部」シリーズ (角川文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 氷菓 「古典部」シリーズ (角川文庫) 無料で, 本の無料読書 氷菓 「古典部」シリーズ (角川文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 氷菓 「古典部」シリーズ (角川文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  米澤 穂信
    • レーベル:  角川文庫
    • シリーズ名:  「古典部」シリーズ
    • 発売日:  2012年10月15日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4330025205000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    いつのまにか密室になった教室。毎週必ず借り出される本。あるはずの文集をないと言い張る少年。そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実──。何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年・折木奉太郎は、なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ、登場! <古典部>シリーズ第1弾!! ※本電子書籍は通常版です。発売が終了した限定版とは書影画像が異なりますが、内容は同じものです。

あなたも好きかもしれません

氷菓 (角川文庫) by 米澤 穂信 ダウンロード PDF EPUB F2

アニメが面白かったので、原作を読んでみました。
アニメのキャラクターで、登場人物たちがイメージし易かったです。折木、千反田はいうまでもなく、福部、井原の二人が秀逸です。原作で「33年前」というのが、アニメでは「45年前」になっていました。豪農千反田家のお屋敷も、なるほどの映像でした。
アニメを知らなければ、読むことはなかったかもしれません。千反田さんが折木君に身を乗り出して迫る様子も、アニメの映像があったので、面白いと思えたのかなと思いました。高校1年というには、かなり難しい言葉がでてきます。
映画で「インシテミル」とか見たくらいでした。「満願」から小説自体も気になり出し、これもまた映画になったという、読みやすそうな「氷菓」を購入。
中々読み始まらなかったものの、映画を見る前に読もうと読みだしたら、予想通り読みやすく一気に最後まで。人の死なない謎解きは「ビブリア~」からはまってて、これも好みでした。ただ、面白かったけど、私にはちょっと軽めな感じだったので、☆4つです。でも、次が「気になります」。