最後に編集されたのは 管理者
23.01.2021 | 歴史

令和の現場力 デジタル×AI時代の「業革3.0」 (日本経済新聞出版)

  • 43 読みたい
  • 73 現在読んでいるもの

発行元 ハンス・ロスリング .

    Download 令和の現場力 デジタル×AI時代の「業革3.0」 (日本経済新聞出版) 本 Epub や Pdf 無料, 令和の現場力 デジタル×AI時代の「業革3.0」 (日本経済新聞出版), オンラインで書籍をダウンロードする 令和の現場力 デジタル×AI時代の「業革3.0」 (日本経済新聞出版) 無料で, 本の無料読書 令和の現場力 デジタル×AI時代の「業革3.0」 (日本経済新聞出版)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 令和の現場力 デジタル×AI時代の「業革3.0」 (日本経済新聞出版) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  遠藤功, 山本孝昭
    • レーベル:  日本経済新聞出版
    • シリーズ名:  令和の現場力 デジタル×AI時代の「業革3.0」
    • 発売日:  2019年06月06日
    • 出版社:  日経BP
    • 商品番号:  4916214990001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    これからはBPRではなく、YTR(役に立つことを・楽しく・ラクにやる)だ!

    「現場力」の提唱者が、「業革3.0」で活力を取り戻す方法を解説する。


    過度な合理化、人手不足、技能承継の失敗、稚拙なIT活用。

    間違った働き方改革、管理強化。

    利益偏重、経営と現場の溝……。


    振り返れば、平成の時代というのは、現場を軽視し、現場を傷めつけ、

    現場が壊れていく30年だったと言えるのかもしれない。

    このままでは、日本企業の再生、復活はありえない。


    本書は「業革」という古めかしい言葉をキーワードに、

    これまでの発想を超えた「人間中心」の業務改革手法を提言する。


    業革1.0……1980年代のオフィスオートメーションによる合理化

    業革2.0……米国の経営手法「BPR」を取り入れた合理化

    そして、

    業革3.0は、「YTR」の追求によって人間中心の改革を行う。

    人間の創造性を高めることにより、結果として生産性を向上させることを目指す。


    良品計画、変なホテル、SOMPOケア(介護)という、

    人間中心の業革で現場の力を引き出しているケースを取り上げ、

    具体的な道筋を示していく。

あなたも好きかもしれません

令和の現場力 デジタル×AI時代の「業革3.0」 (日本経済新聞出版) by ハンス・ロスリング ダウンロード PDF EPUB F2