最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

はじめての不倫学~「社会問題」として考える~ (光文社新書)

  • 75 読みたい
  • 87 現在読んでいるもの

発行元 杉山 崇 .

    Download はじめての不倫学~「社会問題」として考える~ (光文社新書) 本 Epub や Pdf 無料, はじめての不倫学~「社会問題」として考える~ (光文社新書), オンラインで書籍をダウンロードする はじめての不倫学~「社会問題」として考える~ (光文社新書) 無料で, 本の無料読書 はじめての不倫学~「社会問題」として考える~ (光文社新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 はじめての不倫学~「社会問題」として考える~ (光文社新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  坂爪真吾
    • レーベル:  光文社新書
    • シリーズ名:  はじめての不倫学~「社会問題」として考える~
    • 発売日:  2015年09月18日
    • 出版社:  光文社
    • 商品番号:  4483351110001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    既婚者が「不倫」の誘惑に抵抗するためにはどうすればいいのか? 多くの社会問題の背景に潜む「不倫」は個人のモラルの問題として捉えられており「社会の問題」として捉えられることは少ない。本書では、既存の「結婚」に囚われない多様なあり方を実践する男女への取材をまじえながら、「不倫」を「社会の問題」として捉えなおすことによって「不倫」の予防と回避のための処方箋を提供する。本邦初の実践的不倫学!

あなたも好きかもしれません

はじめての不倫学~「社会問題」として考える~ (光文社新書) by 杉山 崇 ダウンロード PDF EPUB F2

感情的にならず、社会問題として不倫を考える視点は示唆深いです。
人間は本来、生涯1人のパートナーだけで満足するようにはできていない。
不倫は一夫一婦制の欠陥の現れと言える。
かといって、一夫多妻制は男性間の格差が広がるので採用できない。
だからせめて家庭を崩壊させない婚外交渉のシステムを模索すべきである。
というのが筆者の主張だと思う。
一夫一婦制と不倫は共犯関係にあり、不倫を防ぐことはできないという前提に立った考察は現実的でよいと思います。