最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

新井白石「読史余論」 現代語訳 (講談社学術文庫)

  • 59 読みたい
  • 1 現在読んでいるもの

発行元 カエサル .

    Download 新井白石「読史余論」 現代語訳 (講談社学術文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 新井白石「読史余論」 現代語訳 (講談社学術文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 新井白石「読史余論」 現代語訳 (講談社学術文庫) 無料で, 本の無料読書 新井白石「読史余論」 現代語訳 (講談社学術文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 新井白石「読史余論」 現代語訳 (講談社学術文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 訳者:  横井清
    • レーベル:  講談社学術文庫
    • シリーズ名:  新井白石「読史余論」 現代語訳
    • 発売日:  2014年10月24日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000018595
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「正徳の治」で名高い大儒学者による歴史研究の代表作。古代天皇制から、武家の発展を経て江戸幕府成立にいたる歴史を九変・五変に時代区分して論じ、徳川政権の正当性を主張する。天皇家や源頼朝、足利幕府への客観的で冷徹な評価、為政者の不徳と失政に対して天命が革まる「易姓革命」への警鐘など、実証的で先駆的な史論の現代語訳。(講談社学術文庫)

あなたも好きかもしれません

新井白石「読史余論」 現代語訳 (講談社学術文庫) by カエサル ダウンロード PDF EPUB F2