最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

幽落町おばけ駄菓子屋 晴天に舞う鯉のぼり (角川ホラー文庫)

  • 33 読みたい
  • 28 現在読んでいるもの

発行元 蒼月 海里 .

    Download 幽落町おばけ駄菓子屋 晴天に舞う鯉のぼり (角川ホラー文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 幽落町おばけ駄菓子屋 晴天に舞う鯉のぼり (角川ホラー文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 幽落町おばけ駄菓子屋 晴天に舞う鯉のぼり (角川ホラー文庫) 無料で, 本の無料読書 幽落町おばけ駄菓子屋 晴天に舞う鯉のぼり (角川ホラー文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 幽落町おばけ駄菓子屋 晴天に舞う鯉のぼり (角川ホラー文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  蒼月 海里
    • レーベル:  角川ホラー文庫
    • シリーズ名:  幽落町おばけ駄菓子屋
    • 発売日:  2016年04月23日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4335956000300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    春になり、御城彼方(みじょうかなた)は大学二年生になった。ということは、常世の住人の町「幽落町」に住み始めて二年目ということだ。のんびり、キャンパスを歩いていたところに轟くエンジン音とともに、ハーレーに乗った漆黒のライダーに連れ去らわれてしまう。ライダーの正体は元医者の都築で、彼方を人質に「幽落町」下宿アパートの大家水脈(みお)さんを、東京江東区の古い病院に呼び出すのだった。なぜか一緒に付いてきた猫目さん、真夜(まよ)さんも一緒に、都築が見せたもの。それは桐箱に入った「枕」だった……。 レトロな東京の街を中心に展開される、ほっこり懐かしい謎ときものがたり。重版御礼の、シリーズ第6巻!

あなたも好きかもしれません

幽落町おばけ駄菓子屋 晴天に舞う鯉のぼり (角川ホラー文庫) by 蒼月 海里 ダウンロード PDF EPUB F2

“特別な計らい”でこれまで通り幽落町に住むことができる彼方くん。あれやこれやに巻き込まれながら、水脈さんたちに助けられ謎を解き、あやかしたちと交流を深めていく…。
各章ごとに一つの区切りはありますが、全体としてつながりがあって、最後に大きな結末となっています。