最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

日本哲学小史 近代100年の20篇 (中公新書)

  • 45 読みたい
  • 26 現在読んでいるもの

発行元 none .

    Download 日本哲学小史 近代100年の20篇 (中公新書) 本 Epub や Pdf 無料, 日本哲学小史 近代100年の20篇 (中公新書), オンラインで書籍をダウンロードする 日本哲学小史 近代100年の20篇 (中公新書) 無料で, 本の無料読書 日本哲学小史 近代100年の20篇 (中公新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 日本哲学小史 近代100年の20篇 (中公新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 編集:  熊野純彦
    • レーベル:  中公新書
    • シリーズ名:  日本哲学小史 近代100年の20篇
    • 発売日:  2014年01月24日
    • 出版社:  中央公論新社
    • 商品番号:  4912416090001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    明治初年にフィロソフィーという考え方が移入されて以降、日本哲学にはいくつものドラマが生まれた。例えば漱石や鴎外のように、文学と混淆していた黎明期、西田幾多郎が『善の研究』で日本中の青年を魅了し、田邊元や和辻哲郎が西洋の哲学者と切り結びつつ独自に思想を花ひらかせた頃、西田とはまったく異なる文体で大森荘蔵や廣松渉が哲学を語り始めた戦後…。本書によってはじめて、近代日本哲学の沃野が一望される。

あなたも好きかもしれません

日本哲学小史 近代100年の20篇 (中公新書) by none ダウンロード PDF EPUB F2